スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMセミナーに参加

EM環境セミナー

3月12日日曜日EMに関するセミナーが開催され、はじめて参加した。
環境改善にとても役立っているEMとは、有用微生物群のこと。
中でも光合成細菌は乳酸菌や酵母とくっつくことですごく有用な働きをするそうだ。

空気のないところでも生きつづけることが出来る光合成細菌、私はEM菌を石鹸つくりに利用している。EMっていかなる物質も再生させるというからすごい。

眉の下のシミが消えたのもEMの働きだったのだろうか??

手作り石鹸を使い始めて1年と2ヶ月、手作り化粧品を使い始めて8ヶ月、
いろんな化粧品を使ってみたが、シミが消えたという経験ははじめてである。高価なエッセンスを続けたこともあったが、シミが消えたことはなかった。添加物のないものを使ったからなのか?EMの入った石鹸を毎日使っているからなのか??

セミナー後は手作り化粧水にもEMを加えてみた。
しばらく使い続けて、経過を見てみようと思う。
スポンサーサイト

theme : 今日の独り言
genre : 日記

EMぼかし作り

ボカシ作り2
EMボカシ作り
糠がたまってきたので生ごみ用のEMボカシを作る。
EM原液とお湯と糖蜜を加え籾殻と糠をよく混ぜ合わせる。
甘い香りがするので作りながら癒されてます。
素手で混ぜ合わせるのですが、手を洗った後のすべすべ感がたまりません(*^。^*)

EMは有用微生物群。
作りながら好影響を受けていると思うとボカシ作りも楽しいひと時、一緒に作る仲間がいるともっと楽しいかもしれません。ボカシ作りに興味のある方はお問い合わせくださいね。環境対策にもなるので、一人でも多くの人たちに関心を持っていただけれるといいなぁって思っています。
ボカシ作り1

EM菌は嫌気性なので、ぎゅうぎゅう詰めにし、蓋をして端っこを開け空気抜きします。暖かい時期だと3日から1週間で醗酵しますが寒い時期だと日にちがかかるようです。コタツの中などに入れると3日~長くて5日くらいで醗酵し、甘酒のような美味しそうな醗酵臭がします。
これを生ごみと混ぜあわせて3ヶ月以上寝かせておき、菜園や柑橘園に巻きます。

theme : 日々の出来事
genre : 日記

EM廃油石鹸

EM廃油石鹸

9月にEさんが廃油をたくさん届けてくれEM廃油石鹸を3リットル分作って寝かせていました。3ヶ月経過、ピュアエッセンスは使ってなくて香りはChanelの19番と和の香りを加えてます。廃油100%なので、お洗濯の部分洗い、浴槽、靴洗いなどに使用しています。

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

糠の利用

kome.jpg

何をしているかと言うと、無人の精米所でお米を搗いているところなんです。お米を搗いたあとのヌカをどう利用しているかということなんですが、いろんな利用方法があります。竹の子や山菜のアク抜き、糠漬け、床磨き、ヌカ風呂、etc。。ともあれ搗きたてのお米はなんてったって美味しいですよね。
nuka.jpg

ヌカは袋に入れて持ち帰り、EMボカシを作ります。土作りのための肥料、家畜の餌等になります。ヌカを動物が好んで食べるということが不思議なのですが、我が家の番犬クロはEMボカシが大好きで、花壇や菜園に撒くと撒いた先から食べてしまいます。動物は本能的に良いものを見分けることができるみたいですね。

このEMボカシ村上農園では柑橘園に使用しています。たくさん必要ですから、ここを利用した人が持ち帰っていないときは頂いて帰ります。自由に持ち帰りができるようになっているので助かっています。

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

EM石鹸とアクリルたわし

EM石鹸
いろんな形のEM石鹸を作ってみました。EMと天然ハーブ、ピュアエッセンス配合の環境にもお肌にもd(-。^)good!!な手作り石鹸です。お風呂にも洗濯にも食器洗いにも使える万能石鹸なのです!!今日はアクリルたわしを編みました。EM石鹸と併用するとすっきり洗えます。

ベースは、オリーブオイルとこだわりの廃油を使用しています。お洗濯や台所用は廃油だけで充分ですが、お風呂用はピュアオリーブオイル、廃油を半々の割合で使用しています。

廃油と聞いて;(^。^?) エッと思われる方が大半だと思いますが、実はこの廃油こそが”ミソ”なのです(^_-)-☆目からウロコの使い心地!!

『手作り美肌石けん』の著者「今井龍也氏によると、「適当に使用した食用油のほうが、まったく新しい油で作った石鹸より肌にやさしいのではないかということがわかりかけてきました」同著から一部引用。「油を揚げ物に使いますと、油が褐色の色調を帯びてきます。これは油と揚げ物のたんぱく質の成分であるアミノ酸(アミノ基を有す)とブドウ糖など還元性のある糖(カルボニル基を有す)が加熱されて、アミノカルボニル反応という化学反応を起こして、メラノイジンという物質(群)を作ります。そのメラノイジンが褐色色素の本態です。このメラノイジンが抗酸化作用を発揮するのだそうです。
手作りEM石鹸の作り方はこちら
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。