スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一斗缶でリサイクル塵取り

2012/6/28
今朝、一斗缶で塵取を3個作りました。

一斗缶の塵取り

10年ほど前作ったものが、今でも大活躍しています。丈夫で長持ち。
取っ手の長さを背の高さに合わせて作ったので、
あまり腰をかがめず使えるのも手作りならでは(●^o^●)

ホームセンターでブリキ専用のハサミ、取っ手の木材、
十字穴付きトラス頭ネジを購入、

お隣さんにドリルで取っ手のネジ穴をあけてもらい、
午前中に3個完成。
取引先の大工さん、ネジ穴をあけてくださったお隣さんに
使ってもらっています。

丈夫で長持ち一斗缶塵取り

今度はエコストーブに挑戦しようかな。
スポンサーサイト

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

茅葺民家のある風景

筆の里工房収蔵品セレクション

武永(たけなが)槇(まき)雄(お)~茅葺(かやぶ)き民家のある風景

稲を刈る頃(熊野道上)

武永槇雄〈1913(大正2)~1997(平成9)〉は、広島市安佐北区大林出身の油彩画家。映画館に勤務する傍ら、独
学で油彩画を学び、晩年には日展審査員も務めるほどでした。

仏画と民家を描いたことで知られており、若い頃、仏像の美しさに心を奪われ仏画を描くようになっていましたが、1945年に被爆したことから、さらにその思いが強まりました。
同時に日本の田園風景、とりわけ、広島県下にある茅葺き屋根の民家を精力的に描き続け、熊野の民家も多く描いています。

仏画と民家――槙雄の作品からは、温かい家族団欒の平和なひととき、何気ない日々の生活の大切さがしみじみと伝わってきます。

本展では、当館収蔵品にある武永槇雄の民家シリーズを中心に18点を紹介します。

       平成24年 2月29日(水)~3月7日(水)        


・日   時 3月4日(日)13:30~14:30
・パネリスト 澤木端吾(茅葺き職人/熊野町)
                佃 照樹(茅葺き民家住人/熊野町)
・コーディネーター 上田 進(西中国茅葺き民家保存研究会代表)
・聴   講 無料(要入館料)


◆会  場  筆の里工房 〒731-4293広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
◆入 館 料  大人300円 小中高150円(20名以上の団体は2割引)
◆開館時間  午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
       月曜休館(祝日の場合翌日)
◆主  催  財団法人筆の里振興事業団

theme : 広島
genre : 地域情報

竹炭作り

2010/04/17 生口島にて竹炭作りを体験しました。memberは13名、
竹炭作りメンバー

1.まず、ドラム缶に長さ40センチくらいの真竹を詰めます。
ドラム缶で竹炭作り

隅間がないようにきちんと蓋をします。主催者河原さんのお父様が手際よく進めてくださいました。
土をかぶせる

火が竹に直接点かないように一斗缶をはめ込み
竹炭つくり

ブロックを置きます。
ブリックを置く

土をまんべんなく盛って熱が保たれるようにします。
土を盛る

一斗缶の蓋部分を上げ蓋の入口付近で火を炊きます。
火をたく

数時間火を絶やさず炊きます。
日の番

竹炭作り名人現る。
名人は石鹸作りやご飯を炊くときにも使える炭を作る方法も教えてくださいました。
竹炭作り名人登場

竹サク液も採取
竹酢液

煙が透明になってきたら火を消し、焚口や煙突をしっかりとふさぎます。
最後に土をかぶせる

手作りのアップルパイ、絶品でした。
アップルパイ
写真を取り忘れてしまいましたが、主催者河原さんの大根葉のカレー、かつおのたたき、ポテトフライ、安全で美味しい家庭菜園の野菜もたくさんいただけ、幸せなひと時でした。
また、吉田路子さん指導による切り絵体験、宮澤賢治の作品朗読など、夢のように過ぎていった一日でした。






theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

古布のリサイクル【布草履】

竹皮のスリッパ
東尾道市、リサイクルショップ「ひまわり」で布草履講習会が開催された。
定員10名、30代~70代までの女性が参加、
年配の方は、「昔作った記憶があるんだけれど、鼻緒のつけ方がどうしてもわからなくてねぇ」

講師「そうでしょ!子供の頃は、難しいところは親が作ってくれていたからね」

ふ~ん、なるほど。。。
最近は老人会の人たちが総合学習に参加し、
草履作りなどして小中学生とコミュニケーションしている。

この講習会10時に始まって12時に終了となる。
大急ぎで作ってどうにか時間内に出来あがった。
でも、幅が同じには出来なかった。

忘れないうちに家で作ろうと思い、道具を購入。
竹べらと草履作りの台セットで1.000円。

慣れないのに足に紐をかけ、突っ張って作るのは
大変難しいらしい。

古い浴衣生地や布団生地、洋服生地、Tシャツだと2枚。
カラータオルだと可愛くて、足触りの良いものが出来るとか。

これはちょっとはまりそう。
いろいろイメージが浮かんでくるのでわくわくしている。


theme : 手作り日記
genre : 趣味・実用

牛乳パック回収用パック

オレンジ作業所バザー製品

12月12日オレンジ作業所から年末バザーの食品が届けられた。オレンジ作業所とは、因島精神障害者福祉施設のグループホーム。心の病を抱えながら働き、社会参加できることの願いをこめて、因島精神障害者家族会が設置した作業所であり、憩いの場でもあります。

オレンジ作業所から、牛乳パック回収用の大型パックの設置を依頼されました。どのくらいの大きさかというと
┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘このくらい!
牛乳パックの回収パック

この牛乳パック回収用デカパック、何パックくらい入るかなぁ??牛乳パックに限らず、お酒、焼酎のパックも歓迎いたします。ちなみにこのパックも牛乳パックの再生紙だそうです。中に入れそう(^_^.)
牛乳パック

上部分を開き↑こんな感じで↑中をすすいで乾燥させお持ち込みください<(_ _)>
完全に開かなくてもよいです。開いていただいてももちろんよいです。
どうかご協力をお願いいたしま~す(^○^)/ヨロシク

theme : 障害者
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。