スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北関東大震災で被災された皆様へ

2011/05/13 希望者がおられないので、ボランティア登録を打切りました。

築38年の古い長屋風のアパートです。
現在、空室2室(2号/6号)あります。木造2階建て、住居部分は2階、
3DK(和室3部屋「6畳/4畳半/3畳」キッチン、浴室、洗面所、和式トイレ)
今年3月2日、38年居住されていた方が引っ越しされ
3月29日より各部屋の壁、床、浴室、トイレの補修中、4月半ばには完成予定です。

東北地方太平洋沖地震で住むところを失ったご家族に一時的にお使いいただければと思い発信いたしました。
被災地からはかなり距離があり、移動など無理があるかなぁとも思いますが、何かできることはという思いから決心いたしました。

尾道市社会福祉課にボランティア登録しています。
問い合わせ先 建築課住宅係(電話 0848-25-7247)

写真は改装後のものです。
アパート6畳4畳半
↑6畳床の間付、6畳から見た4畳半

アパート6畳3畳
↑6畳から見た3畳

キッチン
↑キッチン

浴室
↑浴室

和式トイレ
↑和式トイレ

アパート名「アパート因島」アパートインノシマ
アパートの所在地「広島県尾道市因島中庄町4142」因島北インターより500m、
因北小学校、因北中学校、パルディ、ひまわり中庄店、因島スーパー、ジュンテンドー、エッソ給油所等500m圏内。県道沿いなので騒音振動はあります。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げております。
スポンサーサイト

theme : 災害ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

梅の古木

梅の古木
2011年3月9日 因島中庄町の八朔園内には樹齢50年以上の梅の木があります。
4~5年前までは周囲が雑木林のようになっていたことから、枝が高所にまで伸び、手入れができないまま伸びた枝がその重みで折れ、通り道をふさぎ、琵琶の木に倒れかかっているという状態でした。

何度か登って選定を試みてはみたものの、枝と枝との間隔が遠く登りきれませんでした。
実がついても高所のため収穫も難しいので生りっぱなし状態です。

根元に新芽が出ていたので新芽に期待して古木を切ることにしました。

梅の古木を伐採
地響きを立て倒れた梅の木を、小枝から徐々に切り、太い枝、幹を0.5m~1m間隔に切っていきました。
梅の木は硬くて重いから持ち運びできる大きさに切っておかないと後片づけも大変なのです。

チェーンソーでの作業ですが、枝が広く密集した木を切る時はとても危険です。倒れる方向を見定めて、鋸目を入れるのですが、大げさではなく(^_^.)ホンマに命がけです。

チェーンソーの燃料を補給するため降りていくと、あれ!おばあちゃんが草取りをしているではありませんか。

「ばあちゃん、来とったんね」

「さっき来たんよ。きれいにしてくりょぉるんじゃねぇ」

「ずっと気になっとたんじゃけど、忙しゅうてようせんかったけぇねぇ」

切った梅の木
4時間ほどかかって作業終了。

近所の牛を飼っている名物おじさんが、デコポンを持ってきておばあちゃんにくれました。
寒い時期はあまり外に出ることもなく、ストーブの前で本を読みふけるおばあちゃんですが、今日はどういう風の吹き回し?

theme : 広島
genre : 地域情報

柑橘の機能成分「ナリンギン」

苦み成分「ナリンギン」
苦み成分ナリンギンについて
八朔・甘夏みかん・グレープフルーツなどには苦み成分であるナリンギンが含まれています。
これはポリフェノール(フラボノイド系)の一種で、働きとして抗酸化作用・抗がん作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・ダイエット効果が認められています。

 八朔や甘夏みかん、ネーブルなどは、零下2度以下という気温が2日以上続いたりした場合、ナリンギンという成分が果実に出ることがあります。

 これらの柑橘は、できるだけ長く木に残して収穫したほうが美味しくなるため、気温を見ながら収穫時期を見定めます。木の内側や葉っぱで囲まれ外気温から守られている実は大丈夫なのですが、今年は零下3度以下という厳しい寒さに見舞われた日もあり、いろんな部位で採取した実の試食を繰り返しました。
 今年は美味しさに加え、苦み成分「ナリンギン」が部分的に含まれている実があります。あるいは全体的に含まれている実も一部あるかもしれません。食してみないと、どの程度苦みが出ているかは実際のところわかりません。
 これは、環境に適応しようとする植物の生理的作用と考えられます。植物は寒さから実を守るために、いろんな知恵を働かせているのだということです。
 植物は動物のように環境が悪化したからといって別の場所へ移動することはできません。生き延びるためには植物ホルモンを働かせ懸命に環境に適応しようとしているのです。

「良薬は口に苦し」ということわざがありますが、この苦み成分「ナリンギン」は医薬品や機能性食品として利用されているようです。

 私たちは、大自然からいろんな意味で恩恵を受け、元気を充電させてもらっているのだと理解できます。私たちの生活環境は恵まれているようで、これで良いのだろうかと考えさせられることがたくさんあります。

 ちなみに私は、難ありの八朔・甘夏みかん・ネーブル他を一日に3個以上はいただいています。
冷え症でいつも手足は冷たく、今年の寒さは耐え難いと感じていましたが、最近になって手足がポカポカと暖かく感じられるようになっているのにはちょっと驚いています。
2個もいただくと、満腹感もあり、確かにダイエット効果は期待できるな!と確信できます。ほろ苦みが感じられる実は特に満腹感が大です。酵素を含む果物ときれいなお水、有酸素運動、腹式呼吸でお腹の調子もd(-。^)good!!

 私は苦みの強い実で酵素を作ろうと思っています。この酵素を、飲料、入浴、化粧品つくり、石鹸つくりなどに利用してみたいと思っています。

 果樹栽培専門家である道法正徳氏(代表的な著書「高糖度連産のみかん作り」ペンネーム川田健次)によると、「20年に一度という寒さに見舞われたが、こんなことは、また20年後まではないだろう」ということでした。その時々の環境の変化により、私たちも植物のように知恵を働かせ、健康維持に努めたいものです。

theme : 広島
genre : 地域情報

プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。