スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EM石鹸とアクリルたわし

EM石鹸
いろんな形のEM石鹸を作ってみました。EMと天然ハーブ、ピュアエッセンス配合の環境にもお肌にもd(-。^)good!!な手作り石鹸です。お風呂にも洗濯にも食器洗いにも使える万能石鹸なのです!!今日はアクリルたわしを編みました。EM石鹸と併用するとすっきり洗えます。

ベースは、オリーブオイルとこだわりの廃油を使用しています。お洗濯や台所用は廃油だけで充分ですが、お風呂用はピュアオリーブオイル、廃油を半々の割合で使用しています。

廃油と聞いて;(^。^?) エッと思われる方が大半だと思いますが、実はこの廃油こそが”ミソ”なのです(^_-)-☆目からウロコの使い心地!!

『手作り美肌石けん』の著者「今井龍也氏によると、「適当に使用した食用油のほうが、まったく新しい油で作った石鹸より肌にやさしいのではないかということがわかりかけてきました」同著から一部引用。「油を揚げ物に使いますと、油が褐色の色調を帯びてきます。これは油と揚げ物のたんぱく質の成分であるアミノ酸(アミノ基を有す)とブドウ糖など還元性のある糖(カルボニル基を有す)が加熱されて、アミノカルボニル反応という化学反応を起こして、メラノイジンという物質(群)を作ります。そのメラノイジンが褐色色素の本態です。このメラノイジンが抗酸化作用を発揮するのだそうです。
手作りEM石鹸の作り方はこちら
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コスタドーロ ピュア オリーブオイル 瓶入

コスタドーロ ピュア オリーブオイル 瓶入り 500ml・とろける カレー(辛口)リボ払いCP・手作りの暮らし・日ごろ使う油・うまくいったらご報告・・・(雑煮・焼餅に飽きたら) 残った餅で作る葱鶏餅・マヨネーズは簡単・沖縄県★最優秀県知事賞★受賞ウコン!薬効成分「ク

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しまっこさん

温めないほうがきれいに仕上がると思います。
温度が高いと色が変化しやすいですね。

待つのも楽しみの一つと思って作っています。
使えるようになるのは1ヶ月ほど先なのですから
急ぐ必要はないと思いますよ。

経験上、使い心地の良い石鹸は、1ヶ月経っても切り分けることができることが多いです。
いろいろ作って見ることが大切だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しまっこさん

私は保温箱に入れて、羊羹くらいのかたさになるまで待ちます。
湯煎にかけると、精油の香りが飛びませんか?
オイルの成分が生きている状態のほうがよりよい石鹸になると思うのですが。

早く固めたい場合は、オイルと苛性ソース水を混ぜ合わせる前に
オイルを湯煎にかけて温度を調整すればよいと思います。
通常はオイルも苛性ソーダ水も38度~40度くらいで混ぜ合わせますが、少し高めにすれば早く固まります。

経験を積んでいけばタイミングがつかめるようになりますよ(^_^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しまっこさん

手作り石鹸レシピのページです。

http://www.ii-mikan.com/soap.html

暮らしにEMというページに廃油石鹸のレシピがあります。

http://hitominoheya.moo.jp/EM.htm

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しまっこさん

石鹸作りに興味があるのですか。
手作り石鹸を使ったことはありますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。