スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 大原三千院

京都駅から大原三千院行きのバスに乗り数十分、
京都~♪大原~♪三千院♪~
と音楽が流れ到着。
小雨の中、川沿いの坂道を上っていくと京都らしいみやげ物売り場が軒を連ねている。
150メートルほど歩くと、緩やかな石段が見える。さらに上っていくと
砂利道の右手に石段があり正門が見える。
三千院の正門

そこを上り本堂に入っていくと、寄り添った地蔵さまの愛くるしいパンフレットが目に付いた。
思わず顔を見合わせて笑ってしまった。「庭のどこかにあるんだよねきっと!」
三千院の庭
三千院へのお供をしてくれたH.Sさんは東寺にいる従姉妹とは京都の大学時代からの親友で、私の家族の話を色々聞いていたらしく、従姉妹の家族と祖父母が旅をしたときの思い出話など聞かせてくれました。幼い頃、島にも家族で毎年のように遊びに来てくれていたことが懐かしく思い出され、ここへ来る前に、叔父にも久しぶりに会うことも出来て本当によかった.....
お抹茶と羊羹

三千院の庭を見ながら、心静かにお抹茶と羊羹をいただきました。
話し込んでいるうちに雨もいつの間にか止んで、木漏れ日が....
お天気が回復して、雨の京都もほんの少し体感できて、なんだか嬉しくなってしまった。
三千院の地蔵さま

どこかなどこかなと探していると、苔むした杉?林の中に地蔵さまをみっけ!「癒されるね~(^.^)来てよかった...」
H.Sさん

H.Sさんありがとう!とても楽しかったです。歴史をガイドしてくださって感激でした。
三千院の橋

三千院を囲む豊かな自然を満喫し、いざ!湯葉尽くし懐石へ
と...これが傑作、
料理屋を探し、もと来た道を下って、探し当てられずまた上って。

結局正門の正面より少し右寄りの一番端にあるお店だったのです。
漬物と山椒の香りがする七味のお土産を持って上ったり下りたり。
歩き回ってかなりお腹が空いていたので、見つかってマジよかった!

次回へ
スポンサーサイト

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

comment

管理者にだけメッセージを送る

nanaさま

実は私もです。だってそうきこえますもの。
三千院?何故そう名づけられたのでしょう...

え~・・・

buniさまへ

京都、大原、三千里。。。だと、思っていた。
今の今まで。
三千院、だったのですね。
ああ、勘違い!

京都から、三千院まで、三千里も離れているわけないよね、
と思いつつ、そう信じていました。

雨降りの京都、これってなかなかいいですよね。
特に、三千院は苔のきれいなところだから、
しっとりとしていい雰囲気だったと思います。
楽しそうな旅行、うらやましいです。
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。