スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーリーフの花

マザーリーフの花
2008/02/02 マザーリーフに小さな花

昨年、長男のお嫁さんゆっこちゃんからもらった葉っぱ(マザーリーフ)
80センチくらいに育って先月蕾をつけた。

マザーリーフの花は幻の花と言われ、冬から春にかけて花の色が変わる灯籠形の花で、うまく育てないと中々咲かないそうだ。

日当たりの良い(午前中)屋根下においていたら、梅雨ころには青々と立派な葉がたくさんついていたけれど、夏の日差しがきつかった所為か、栄養不足になってしまった所為か、夏~秋にかけて葉っぱがぱらぱら落ちて、ひょろひょろと伸びた茎に黄緑色のひ弱な葉っぱがまばらについているだけだったので、蕾らしきものがついたときは驚いた。

来年の冬こそ灯籠形の花を咲かせてみたい。
植え替えをして、真夏の直射日光を避け、適度に光の入る場所でもう一度チャレンジ!
スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

服部さま

そういえば、ヒマラヤザクラなど、中々咲かないときは根の周囲を切れば咲くと聞いたことがあります。植物も生き伸びる智恵を働かせているんですね。

マザーリーフ

珍しい花ですね植物は痛めてやると子孫を残そうとして花付が良くなると聴いていますが。亜熱帯地方の植物とかで 家にも昨年から 育てていますが。
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。