スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結実した温州みかん

結実して10日ほどの温州みかん
村上農園の温州みかん 結実して1週間から10日

2009/05/25 ぐんぐん育っています。現時点では平均5mmくらいです。大きな実は1cmくらいのものもあります。全体的に実が付きすぎている傾向にあるので、摘果を行っています。

芽欠きもやっと半分くらいすみました。花の間に欠きとって調整することは出来ませんでした。A´ε`;)゚・゚
時間はかかっても木を1本ずつ見て回ることで、枝の細部まで観察することができ、枯れ枝処理や毛虫退治などもできるのでぼつぼつと焦らず頑張るつもりです。

さて、昨日から植物ホルモンのことを調べているのですが、果樹栽培では人為的に植物の成長を抑えたりする農薬(ホルモン剤)がよく使われているようです。
種無しブドウなどは、ブドウの花をジベレリンという植物伸長成長を促進させる農薬(ホルモン剤)で処理するため、種子が形成されなくなるのだそうです。
柑橘でも実付の調整や糖度を上げるため、色付きをよくするために農薬(ホルモン剤)が使われています。

この植物ホルモンを危険な農薬など使わず安全な方法で調整出来るのが川田建次さんの著書「高糖度連産のミカンつくり」に書かれている切上げ剪定です。

植物は立ち聞きして身の危険を回避しているのではないかという研究論文などもネット情報に出ていました。
植物も生き残るために智恵をしぼっているんですね。その智恵こそが栄養であったり、薬用効果であったりする。
植物ホルモンの働きについて調べていると面白いです。

スポンサーサイト

theme : 広島
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちわ。
自分の家でも、みかんつくってるのに
まじまじとみたことがなかったように思います。
とっても、新鮮です。
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。