スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の古木

梅の古木
2011年3月9日 因島中庄町の八朔園内には樹齢50年以上の梅の木があります。
4~5年前までは周囲が雑木林のようになっていたことから、枝が高所にまで伸び、手入れができないまま伸びた枝がその重みで折れ、通り道をふさぎ、琵琶の木に倒れかかっているという状態でした。

何度か登って選定を試みてはみたものの、枝と枝との間隔が遠く登りきれませんでした。
実がついても高所のため収穫も難しいので生りっぱなし状態です。

根元に新芽が出ていたので新芽に期待して古木を切ることにしました。

梅の古木を伐採
地響きを立て倒れた梅の木を、小枝から徐々に切り、太い枝、幹を0.5m~1m間隔に切っていきました。
梅の木は硬くて重いから持ち運びできる大きさに切っておかないと後片づけも大変なのです。

チェーンソーでの作業ですが、枝が広く密集した木を切る時はとても危険です。倒れる方向を見定めて、鋸目を入れるのですが、大げさではなく(^_^.)ホンマに命がけです。

チェーンソーの燃料を補給するため降りていくと、あれ!おばあちゃんが草取りをしているではありませんか。

「ばあちゃん、来とったんね」

「さっき来たんよ。きれいにしてくりょぉるんじゃねぇ」

「ずっと気になっとたんじゃけど、忙しゅうてようせんかったけぇねぇ」

切った梅の木
4時間ほどかかって作業終了。

近所の牛を飼っている名物おじさんが、デコポンを持ってきておばあちゃんにくれました。
寒い時期はあまり外に出ることもなく、ストーブの前で本を読みふけるおばあちゃんですが、今日はどういう風の吹き回し?
スポンサーサイト

theme : 広島
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。