スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかんのかん水

2013/7/25に待ちに待った動噴が届く。雨が2週間近く振っていないので、かなり乾燥している、今年はみかんの生り年、木が衰弱しないように、エンジンポンプでタンクの水を主幹に近い地面に穴を掘ってかん水を続けていたが、7月17日のグリーングラス(株)道法正徳さんの講習会で、地面に差し込んでかん水できるノズルがあると聞き使い始めました。
動噴
ポンプでかん水するときは摘果作業をしながらできますが、ノズルを差し込んでの作業は付きっ切りでしなければならないので一長一短あり。
地面に注入

乾燥がひどい時にはなくてはならない道具の一つだと思いますが、ゆっくりと土に浸み込ませるほうがより良いのではないかと思いました。ノズルの先端には4か所水が出る穴があり、地面に垂直に差し込むと、4か所の穴から水平にかなりの圧力で水が吹き出します。土の中の生態系が壊されてしまう気もしますが、水不足は木にとっても、果実の品質にとっても重大です。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。