スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の伝統文化備後畳表

味わい深い備後畳表
備後畳表1
2013/9/4 盆までの仕事に追われ手つかずだった自宅用備後畳表、雨台風で浸水してはと、在庫を高い位置に移動させているとき、息子が仕入れたまま放置していることに気づいてくれ、表替えをしてくれることになりました。

 私のわがままで、居間と客室に是非使って、備後表の良さを訪問してくださったお客様に味わっていただきたいからと、息子にお願いし、仕入れて早や2か月以上。やっと日の目を見るときがきました!傷みが気になっていた居間から替えてくれました。客間はまだ表がきれいなので、もう少し先になりそうです。手隙の時にできれば早く替えてもらえたらと思っています。

 備後表は折り目の詰まった味わい深いしっかりとした表です。歩いていても風合いが違います。恥ずかしながら、創業41年になりますが、備後表を使った畳の部屋で暮らしたことはありませんでしたから、青畳の香りに包まれ、日本人でよかった!と感じた瞬間でした。

備後畳表2
藺草が生産される行程は大変なものです。真冬12月苗床で育った藺苗を株分けし水田に植えつけ、厳しい冬を超し、春の日差しの中で成長していく。5月には根元から多くの新芽が吹くので、新芽の成長を促すために今まで伸びていた藺草は先を50センチくらいの高さで刈り取られます。7月十分に成長した藺草の刈り取りが始まります。刈り取られた藺草は泥染めされ秋まで乾燥させ、さらに選別し、織り機で織り上げられて製品となるのです。

 日本の伝統文化である畳の暮らし藺草の香りに包まれてゴロンと大の字で寝ころぶ幸せ...日本人でよかったと思える瞬間です。
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。