スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家の救世主が見つかりました!!

情報を共有していただき誠にありがとうございました!!

倉吉市の解体寸前の古民家の件ですが、お陰様で引き取り手が決まりました。

沢山の方に見て頂き、そして相談、アドバイス等貴重なご意見ありがとうございました!

とても感謝しております。


今回のケースを含め、日本全国に情報としてなかなか上げられず、見えないところで解体されている古民家が、たくさんあると思います。この御宅も産業廃棄物になりこのままでは!と思い、悪い言い方かもしれませんが駄目元でUPしましたところ、こんなに沢山の方に見ていただけたことに、正直驚いています。

これら古民家が地域資産であることを地域住民の方々に理解していただき、解体されることなく一軒でも残そうという思いでメンバーを募り、民家フォーラム2014in鳥取として、本年度活動を展開しています。

今回の事を糧にこれからも出てくる古民家、空家の情報等発信してまいります。
今後とも、ご協力ご支援、宜しくお願いいたします。

ありがとうございました!!


**************
株式会社 創伸
代表取締役  北村裕寿
〒689-3211 
鳥取県西伯郡大山町御来屋173-8
TEL0859-54-3121
FAX0859-54-3135
HP080-3703-0271
EーMAIl daiku-sosin@sea.chukai.ne.jp
日本民家再生協会(JMRA) 副代表常任理事
民家フォーラム2014 来ないや!鳥取に!
**************


以下の物件は、引き取り手が見つかりました。
ありがとうございました。

鳥取県東伯郡琴浦町の宮大工北村裕寿さんからのメッセージです。

昨年蔵の移築をした倉吉市にある旧家豪商母屋が取り壊されることに!!
また一つ、日本の財産がなくなります。古民家を一つでも残したいという信念をもち仕事も活動もしている自分に何か言い聞かせられます。一体日本はどうなってるんだと思うくらい現実に解体されると思うと誰か移築またまた古材利用で新築したりとかなんとか縁がないものでしょうか。
鳥取の古民家3

鳥取の古民家2

鳥取の古民家1

明治40年代の豪商の家で当時では珍しい二階建入母屋屋根で120坪位あります。
その骨組みに釘、金物なくして100年しっかりしている佇まいに納得!
17日から解体業者さんが重機で潰し産業廃棄物になります。

誰か移築しませんか?まだ間に合います。

建てられる5年前から伐採乾燥させたりっぱな古材は、これから後もしっかりとした強度で、家を支え続けてくれます。

2月17日から解体されます。現地見学ご希望の方は下記宛ご連絡ください。


問合せ先 
鳥取フォーラム実行委員長

北村  裕寿

〒689-3211
鳥取県大山町御来屋173-8

TEL0859-54-3121
FAX0859-54-3135
HP080-3703-0271
address daiku-sosin@sea.chukai.ne.jp
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

外国の方々に発信してみたらどうでしょうか?

フェイスブックなどで

日本の情報が限られていますので このようなニュースは

話題にもなると思います

No title

ワタシの友人はこんな方法をとっています。
参考にしてみては?
http://shootingstar.jp/projects/424
プロフィール

buni

  • Author:buni
  • 因島という小さな島で田舎暮らしをしながら、パソコンサークル、環境問題、柑橘自然栽培に取り組んでいます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。